pagetop

徹底解説!一歩先を行くCOBOL言語のデータ共有 | 応用ガイド

COBOL(コボル)言語でデータを共有するEXTERNAL句を使った命令文の書き方とは

応用-external-イメージ1

COBOL(コボル)言語のデータ共有とは?

COBOL(コボル)において、異なるプログラム間でデータを共有するには、レコードに外部属性を与えるEXTERNAL句を使用します。

EXTERNAL句を指定したデータ項目や集団項目は、プログラムの実行単位中のレコードデータを記述する全てのプログラム間でデータを共有できます。
応用-external-イメージ2

COBOL(コボル)言語における共有データの定義

共有データを定義するには、作業場所節(WORKING-STORAGE SECTION)又はファイル記述項(FILE SECTION)に記述します。

書き方1:共有データ
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
 01 データ項目 IS EXTERNAL.

書き方2:共有ファイル
FILE SECTION.
 FD ファイル項目 IS EXTERNAL.

規則や注意点:
・EXTERNAL句はレベル番号01のデータ記述項及び、ファイル記述項のFD句のみ指定することができます。
・1つの実行単位の中で複数のプログラムが同じデータを共有する場合は、関連するレコード記述項の各レコード名は同じ名前で定義する必要があります。
・EXTERNAL句を指定したデータ項目は、同じプログラムで別のレベル番号01で指定したデータ項目名と重複することはできません。
・EXTERNAL句を指定した項目やその配下の基本項目にVALUE句を指定することはできません。

データを共有するEXTERNAL句の応用的な使い方

ここではEXTERNAL句を使用して、データ項目を共有する方法について見ていきましょう。
以下の3つのプログラムを作成し、外部プロブラムからデータの共有(参照、変更)ができることを確認します。

サンプルプログラム
SHARE_PG01.cob

  1. IDENTIFICATION DIVISION.
  2. PROGRAM-ID. SHARE_PG01.
  3. ENVIRONMENT DIVISION.
  4. CONFIGURATION SECTION.
  5.  
  6. DATA DIVISION.
  7. WORKING-STORAGE SECTION.
  8.  
  9. *>----------------------------------------------------
  10. *> 外部属性を持つデータ項目を定義
  11. *>----------------------------------------------------
  12. 01 WORK-ITEM IS EXTERNAL.
  13. 03 WORK-DATA PIC X(50).
  14.  
  15. PROCEDURE DIVISION.
  16. MAIN SECTION.
  17.  
  18. *>共有データの設定
  19. MOVE "This is a test of data sharing." TO WORK-DATA.
  20.  
  21. *>----------------------------------------------------
  22. *> 外部プロブラムの呼出し
  23. *>----------------------------------------------------
  24. CALL "SHARE_PG01-1".
  25. CALL "SHARE_PG01-2".
  26.  
  27. DISPLAY "SHARE_PG01:" WORK-DATA.
  28.  
  29. STOP RUN.

SHARE_PG01-1.cob

  1. IDENTIFICATION DIVISION.
  2. PROGRAM-ID. SHARE_PG01-1.
  3. ENVIRONMENT DIVISION.
  4. CONFIGURATION SECTION.
  5.  
  6. DATA DIVISION.
  7. WORKING-STORAGE SECTION.
  8.  
  9. *>----------------------------------------------------
  10. *> 外部属性を持つデータ項目を定義
  11. *>----------------------------------------------------
  12. 01 WORK-ITEM IS EXTERNAL.
  13. 03 WORK-DATA PIC X(50).
  14.  
  15. PROCEDURE DIVISION.
  16.  
  17. DISPLAY "SHARE_PG01-1:"WORK-DATA.
  18.  
  19. GOBACK.
  20.  
  21. EXIT PROGRAM.

SHARE_PG01-2.cob

  1. IDENTIFICATION DIVISION.
  2. PROGRAM-ID. SHARE_PG01-2.
  3. ENVIRONMENT DIVISION.
  4. CONFIGURATION SECTION.
  5.  
  6. DATA DIVISION.
  7. WORKING-STORAGE SECTION.
  8.  
  9. *>----------------------------------------------------
  10. *> 外部属性を持つデータ項目を定義
  11. *>----------------------------------------------------
  12. 01 WORK-ITEM IS EXTERNAL.
  13. 03 WORK-DATA PIC X(50).
  14.  
  15. PROCEDURE DIVISION.
  16.  
  17. DISPLAY "SHARE_PG01-2:" WORK-DATA.
  18.  
  19. *>共有データの変更
  20. MOVE "Change shared data." TO WORK-DATA.
  21.  
  22. GOBACK.
  23.  
  24. EXIT PROGRAM.

実行結果:
応用-external-実行結果1

サンプルプログラムでは、プログラムSHARE_PG01.cobで、データを共有するために集団項目WORK-ITEMにEXTERNALで外部属性を指定しています。

外部属性を指定した集団項目の配下の基本項目WORK-DATAに値を設定し、CALL文で外部プログラムであるSHARE_PG01-1.cobとSHARE_PG01-2.cobを実行し、それぞれのプログラムで項目WORK-DATAが参照できることを確認しています。

また、SHARE_PG01-2.cobでは、共有データであるWORK-DATAの値を変更し、SHARE_PG01.cobでWORK-DATAの値が変更されていることを確認しています。

このようにEXTERNAL句を使用すれば、簡単に外部プロブラムとデータを共有することができますので、使い方についてはよく理解しておきましょう。

練習問題
ここでは練習問題にチャレンジしてみましょう。
以下のデータ項目を他のプログラムで共有したい場合、データを共有するための定義を記載してください。

<共有したいデータ項目>
01 WORK-ITEM.
 03 WORK-DATA PIC X(50).

回答:
01 WORK-ITEM IS EXTERNAL
 03 WORK-DATA PIC X(50).

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

【未経験者歓迎】COBOLプログラマー・システムエンジニアの募集

株式会社COBOLの求人・転職・募集情報を見る

COBOL入門のカテゴリー

|  基礎  |  応用  |  勉強  |  辞書  |

取引企業様 募集中
COBOL技術者 募集
COBOL魂
読者採用
COBOL入門

Valid XHTML 1.0 Transitional

正当なCSSです!

Level Triple-A conformance W3C WAI Web Content Accessibility Guidelines 2.0

このホームページで使用されているCSS(スタイルシート)・XHTMLは、W3Cにより、正しい文法で書かれていることが検証されています。

プライバシーマーク

SSL GlobalSign Site Seal